Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Jan 16, 2009

CROW

木の上のカラスに話しかけながら歩いていたら、

道路に空いた穴に足を取られて転びそうになった。


まるでマヌケの見本のような有り様。

昨年暮れに、同じところでカラスと会話したんですよ。


風が冷たい朝で、そのカラスは道際のブロック塀の上で、凍えていたんですね。

強い風にあおられて、ぼくが近づいたのにも気づかない様子。


「おはよう」

と声をかけると

つい頭をピョコピョコ下げながら

「グワッ、グワッ」

と答えた。


それがどう見ても挨拶なんですね。


そのカラスは近所でよく見かける奴で、

羽が1本ヘンな方向に突き出ているからすぐにわかる。

あの羽は、自分で取ろうと思えば取れるはずなので、

きっとオシャレのつもりでそのままにしているのでしょう。

賢いカラスだと見受けている。

ムカシ、夢に大きなカラスが現れて、
動物と話す方法を伝授してくれた。

それが実にカンタンなことで、

そうか、気がつかなかった!

と感嘆していたら眼がさめて、

さめたらその方法を忘れてしまった。

最近想っているのは、
動物と話すときもとりあえず日本語でふつうに話しかけようと。


相手に合わせたつもりで

「カアカア」

なんて鳴いてみせても、バカにされるだけだろうと。


ネコに「ニャアニャア」言ったり、犬を見ると口を鳴らしたり口笛ふいたりするのも。


いや、犬やネコはいいか。

ヒトに合わせてくれるから。

コウモリとは話すのか
って?


ウチの奴らは話しませんね。


ヒトに合わせてたまるか、

と突っ張ってるから。

でも、それがかわいい。


本当はこちらの言うこと、わかってるくせに。

04:17

Mar 31, 2008

STINKBUG

朝起きると、布団の端にちいさなカメムシが止まっていました。

指先で触れるとわずかに動きましたが、もう元気はありません。

いわゆる虫の息です。

しかし、見覚えのある奴でした。


そういえば。

一昨日、
松之山の宿で、やはり布団の端にカメムシがいたのを見つけ、
そっと外に出しましたっけ。

きっと同じ奴です。


服か荷物にくっついて、東京まできてしまったのですね。

新潟の寒さに閉口して、暖を求めてきたのでしょうか。

それにしても、
いやな臭いも出さず、ずいぶんと礼儀正しいムシです。


虫は人が近づけばたいてい逃げますが、

ぼくは子供の頃から虫に好かれています。

寄ってくるのです。

いつか地下鉄の中で、蝉が胸に止まって仰天したことがありました。

虫も殺さない性格だとわかっているのでしょうか。

家の中のゴキブリは退治しますけどね。


ときに虫は何かを訴えるように話しかけてきます。

こちらの顔をじっと見あげて、前足を浮かせてジェスチャーみたいに何か示すのです。


虫の知らせ。

と思って、その日は行動に注意するのですが、

彼らの真意はわかりません。


まあ、治虫の息子ですからね。

虫くらい寄ってくるのでしょう。


ゲゲゲの鬼太郎じゃありませんが、

もし昆虫のことばがわかったら、

うるさいでしょうね。

たくさんいますしね。

夏なんかセミだらけでしょう。

「黙れ!」

といいたくなるかも。

イギリスではセミはほとんど鳴かないそうです。

はじめて日本の夏を体験したイギリス人は、まずセミの声がうるさくて驚くそうです。


きっと日本人は外国人に比べれば虫が好きでしょうね。

21:42

Mar 15, 2007

GOLDIE

もちろんウチにはネオンテトラがたくさんいます。
大きな水槽の中でそれなりに寛いで泳いでいるわけですが、ほかにも何種類かのテトラの仲間がいまして、
意外にかわいいのがラミーノーズ・テトラ。
(通称レッドノーズ)

その名の通り、顔が赤い。

しかも彼らは賢い。

無論、魚だって魚なりの賢さは皆あるわけですが、よく見ていると賢さのタイプがあって、ラミーノーズは体型もくずれず、いつも身ぎれいにしている。

人間でいえば上品な魚です。

実はそのうちの一匹が、頭が金色に輝き出した。
よく見れば頭だけではなく、身体中から金の光を発散している。

これは神童ならぬ神魚かもしれない。

そして彼は極めて賢い。

少なくとも、こちらのことがわかっていて、何か会話しに近づいてくる。

ほかの仲間とは一線を画しているんです。


魚なんて、みな同じだと想うでしょ。
表情なんかなさそうでしょ。

個性ってあるんです。
顔つきや感情もありますよ。

現実に、気分で色が変化します。

気分がさえなかったり、眠かったり不安があったりすると、色がくすんで顔つきも好くないから、すぐわかります。

目付きで賢さもわかります。

人間と同じです。
ぼんやり淀んで冴えない目付きの魚は、やはりどこかどんくさい。
賢い奴は目でわかりますよ。


きっと魚の方でも、人間のことそんな風に見てるんでしょうね。

水槽の中の小さな世界でも、人間が知らないことでいっぱい。

そう考えると、
ちょっとホッとします。

02:54