Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Feb 20, 2008

2525×3

アラン・ロブ=グリエが亡くなりました。

彼の文学の熱心な読者だったというわけではありませんが、

映画『去年マリエンバートで』の、アラン・レネとの共作は、お気に入り映画の上位にいつもランクされています。

いろいろな意味で、よくお手本にしています。

ある意味、他を寄せつけない完璧な映画です。

どこか『2001年宇宙の旅』でのアーサー・C・クラークとキューブリックの関係を思わせます。


ロブ=グリエは脚本だけではなく、『囚われの美女』のようなフェティッシュな映画も監督していますが、

本当に独特の個性でした。

遺作となった(?)『反復』は読んでいます。

ところで、

今日は「国際ニコニコ映画祭」の3回めの審査会がありました〜。

応募総数184作品。

力作も脱力作も揃って、なかなか見応えアリます。

ひろゆき氏も

「レベル高いよ」

とおっしゃってました。


審査にも熱が入り、
2時間の予定が、軽く4時間。

はたして『サンタ狩り』(苦笑)を越える作品は登場するのか!?

発表は25日。

お楽しみに〜。

03:16

Oct 12, 2007

2525MOVIE

ニコニコ動画を見てる方ならすでにご存知と思いますが、

「国際ニコニコ映画祭」

をスタートします。


ドワンゴさんとニワンゴひろゆきさんとでやりますが、

一応ぼくは企画プロデューサーというか、審査委員長というか、まとめ役というか、そんなような感じです。


これは、

・オリジナリティがあり、
・ニコニコ的にオモシロく、
・突っ込める

動画作品を応募(投稿)してもらって、
ニコニコ度の高い作品に賞を与えるという、
いわゆるコンペティション形式の映画イベントです。


知っているヒトは、

「ついにぼはなん最低映画祭がニコニコに進出したか」

と思ってもらってもよい。


「動画」は「映画」なんですか?

という素朴なツッこみに対しては、

これは
「ニコニコ」の「映画祭」ではなく、

「ニコニコ映画」のお祭りなんですよ。

いま「おまつり」と入力して変換したら
「男祭り」になってしまった。

なんという携帯か。


ええ、なんだったか。
そう、
「ニコニコ映画」とは何かというと、

まあ要するに動画に投稿されるような映像で、既存の作品ではないオモシロイもの。

つまりPC発の新しい映像エンターテイメント
です。

これまでの映画とも番組とも違う世界を期待しています。


審査員(という名前も古いから、変えようと思っとりますが)にはニコニコのユーザーをはじめ、
多彩なゲストを予定してます。
(いま「豪華な」と書いて消した)

定期的に選考するほか、
年1回のスペシャル・ライブイベント、

そして優秀作はなんと

「本当の映画になり映画館で上映される」

という構想もあります。


詳細はニコニコのページで見てください。

お楽しみに!

17:26