Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Jan 5, 2010

2010

新しい年、

新しい光。

初春のお慶びを申し上げます。


西暦

2010


は新しい節目ですね。


日本の皇紀だと

2670年。

「日本」は2670年の歴史があるようです。

とはいえ最近興味があるのは

「日本」以前のこの国。


この「地」というべきか。

「日本」と記された最初は大宝律令かららしいですね。


発令701年だから


約1300年前。


ところが


縄文時代は


約1万年間


あったようです。


1万年、


ですよ。

キリスト誕生から2010年、

古代エジプト人がピラミッドを建ててから約5千年。


それに比べると縄文とひとくくりにされている時代の

なんと壮大に長いことか。


ぼくは1万年間も

人々がただ狩猟と土器作りに明け暮れた生活を送っていたとは


とうてい信じられない。

そんなに長い期間、

生活が発展もせず

社会の進展もおだやかに暮らしていたなんて。


先史の歴史は年々書き換えられて

知られていたより古くなっている。

たとえば

昨年の研究発表によれば

ヒトが穀物を調理して食べていたのは

なんと

10万年前ですって。

(生野菜だけかじっていたのは誰?)


稲作は弥生時代から、


と学校で習いましたが


実際は縄文後期にはすでに稲が栽培されていたようで。

きっと村もちゃんとあったに違いない。

文化的に進んだ村と

おだやかな村があったに違いない。

高い知識を持ったヒトと


のんびり保守的に暮らしていた庶民が


それぞれ存在していたのだろう。


おそらく、


ぼくらの知らないことがたくさん起きていたに違いありません。

残念ながら日本の考古学はまだまだ発展途上にあります。


考古学界も少しずつ戦前の意識から解放されているようですが。


しかし

逆に考えれば

この2千年に

ヒトはどれほど発展したのか。


なるほど現代には


飛行機や ロケットや


パソコンや 携帯や


電子レンジや 冷蔵庫が

あるかもしれないが

みんながみんな

それを発明し作り上げたわけではない。

ひとにぎりの天才と技術者による発明と発見の恩恵を


多くの人々が分けあって

すがって

生きている。

多くのヒトは

発明家でも、ものつくりでもなくて

与えられた知識と材料を使って生きることしかできない。

みんなと同じように。

もしスーパーやコンビニが閉鎖してしまったら

食べ物はどうすればいい?

畑をたがやすか


海や川から採ってくるか


物々交換でもらうか、

いずれにしても

縄文の1万年と大差なさそうだ。


別にそれを嘆いているわけではなく

きっと縄文にも高い知性と文化があったんだろうな



夢想するわけです。


今年は


大きな時間の波に自分を置いて


世界を観てみようと


思っています。


どんなものが見えてくるか

そこからなにが生み出せるか

楽しみです。


皆さんにも素晴らしい光が降り注ぐ1年でありますように。

00:10

Dec 29, 2009

YEAR'S LAST WORDS

本当に今年は1年が短く感じた。


それだけ色々なことがあってあわただしかった

ということですが。

感じたというだけではなく、

実際に短かったのだろう。

自分以外にも

「短かった」

というヒトがたくさんいたし。


少し早めに仕事納めをして

年末はゆっくり過ごそうと。

もちろん引き続いている仕事はあるのだけど


年末くらい静かにすごしたい。

家の掃除やら片づけをして


だいぶゴミを捨てたら

少しスッキリした。


新年の計画を考えると楽しい。

来年は


映画の企画を実現し

映画をたくさん観て

作品をたくさん作り

これまでになく


洗練された


静かで


美しい


年にしようと

考えてます。


「静かで美しい」


というのが

2010年のテーマです。


もちろん

今年以上に仕事はがんばる

つもりですが。


なんだか

今年は


世界が少しクリアに見えた気がしたんです。


前進ですね。


くわしくは書けないのですが

自分なりに世界を整理する気持ちに至ったと。


今年1年もおつきあいありがとうございました。


また来年

さらに洗練した年を

よろしくお願いします。

01:54

Jan 4, 2009

2 0 0 9

新年おめでとうございます。

正月三日はブログ休みました。

元旦から更新する方も多いようですが

年始からブログ書いたりネットを見たりするのは粋じゃないと想ったので。


テレビもみないし、新聞はこの三日間ろくな記事がなかったので、
ほぼ情報をシャットアウトした状態で小気味よかった。

とにかく今年はマイペースで行こうかと。


なんといっても、「 年 男 」です。

ぼくは丑年。

だからのんびりやろうと、


いや、ロハスじゃないんだから。


あまり牛らしいところはないなあ。

のんびりどころか、ふだんはせっかちだし、
忍耐強いところはあるけど、

牛 だから我慢強い ってワケでもないだろうし、

ああ、
ステーキ好きかな。

って、食べちゃしょうがないですね。

共食い。


そもそも

丑年だから 牛

というのはなぜなんでしょう。


干支は古い中国の単位で、

十干と十二支を組み合わせたもの。


十干とは木火土金水の五行を、「兄(え)」と「弟(と)」の、陽の気と陰の気に分けたもので、

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸、 とあります。


これに十二支を組み合わせれば全部で60の単位になります。

一種の12進法ですね。

陰陽道はこれを年数や時刻、方位などにあてて使います。

丑寅の方向、とか 丑三ツ時といいますね。

そこで正確にいえば丑年といっても

今年は「己丑(つちのとうし)」で、

これは60年に一度巡ってくる暦です。


生まれて60年ひとめぐりすると 「還暦」 となるわけです。


ぼくが生まれたのは「辛丑(かのとうし)」の年で、

これは12年後にまた巡ってきます。

なんでこんな話になったかといえば、

年始に家族が集まって団らんしていたときに、

阿部寛似の妹の旦那が

「今年は年男だからお兄さんと同じ」

というので、

彼がぼくよりひとまわり若いことが判明し、

というより実感し、

ガクゼン としたからです。


故吉野裕子さんの本によれば、

「丑」とは「紐」であって

絡む という意味であり、


季節でいえば年末の月で、

古くは12月のことを「丑月」という。


萌芽が種子の中で絡んでいる様

なのだそうで

やがて至る春の予感を秘めた月という。


それが何故、モウモウの「うし」になってしまったのかは

未だ調査中です。


なにしろ古代中国人の考えたことですからね。

あるいは子供に教えるためにわかりやすくキャラクター化しただけかもしれません。

まあそんなワケで12年が巡って生まれた暦に近づいた今年は、


初心に返る


をテーマにいこうかと。

ぼくの場合、初心というのはもちろん

「 映 画 」

なのですが。


初心といっても、野卑になるわけではなくて、

むしろ裏テーマとしては


「 洗 練 」


を目指そうと。


英語では

Sophisticate

になるわけですが。

とにかく人間、成長するにしても限度があるし、

そう簡単に成熟できるものでもありません。


特に男性はね。

子供の頃に精神的な成長が止まる輩も多いかと。


女性は、

ぼくの知る限りですが

何回も脱皮して成長し続けていきますね。

男は

少年 → 男

とコレだけ、

単純ですが、


女性は

少女 → 女 → 女性 → 母 → ?

などと移り変わる。


趣味趣向が変わり、

好きな食べ物なんかも変わる。


男性の好き嫌いはおそらく一生もので、

成長がないかわりに、

洗練させるしかないのだろうと。

だから新しく生まれ変わる今年こそ、

初心を洗練させねば

と想っているのです。


なにを?

って、とりあえずはだから

映画じゃないですかね。


詳しくはまた次回に。


I N F O :

インフォメーションのコーナーです。


年始早々ラジオに出ます。しかも生番組です。

1月7日 水曜日 午前10時頃から

NHKラジオ第一放送
「ラジオ・ビタミン」 ときめきインタビュー

番組内でメールやファックスも受け付けます。

現在、リクエスト曲を何にしようか思案中。


R M D :

推薦コーナーも新設しました。

お気に入りの映画や音楽、

友人知人のコンテンツ

などを取り上げます。

A F Q :

そして今年の『6D』ではコメントにて質問を受け付けます。

お答は質問を寄せた方に直接せず、この「Answer for the Question」で答えます。


本年もどうぞよろしくお願いします。

17:05

Jan 2, 2008

2008

いよいよ2008年の幕開け。

東京はきれいな青空が広がって、好い元旦になりました。

きれいな空があると、それだけで幸福な気分になります。

都心は建物が多くて空が狭いですが、
できるだけ空を眺めるようにしています。

そこに、いろいろな答えがあるように想えるからです。


今年はどんな年でしょうか。

ぼくが8mmで映画を作り出してから、ちょうど30年になりました。

つまり映画監督を始めてから30年。

なので、今年はきちんと真剣に映画を撮ります。

長編の劇映画に取り組みます。

昨年末あたりから誘いもいろいろあるので。


いくつも企画はありますが、とりあえずエンタテインメントがいいんじゃないでしょうか。

もともと、そこから始めたわけですし。

初心に戻るつもりで。

周りの人たちも、本格的なぼくのエンタテインメント映画が観たいといっているし。


その一方で、

『白痴』以来のアートフィルムの企画も進めます。

これは相当に難しい企画で、『白痴』は99.9%映画化は無理と思えたのですが、0.1%に賭けて、出来た。

ところが、今度の企画は100%不可能に思えます。

そんなとき、ふつうなら諦めるものでしょうが、
ぼくはむしろやる気が起きます。

しょうがないですね。

まあ、これは数年かかると想いますが。


あと2008ということで、8mmもたくさん作るつもりです。

30年を記念して、30本。

おいおい、また無理な目標を。

といわれそうですが、
今日すでに1本フィルム撮りました。


誓いや目標は、達成することばかりが大事なのではありません。

それを心に止めて日々生きることこそが必要と想うのです。


100本のショートムービーも引き続きやりますよ。

そうそう、
インフォメーション。

昨年監督した、探偵事務所5の『漫画探偵539』の配信が始まりました。
http://www.tantei5.com

久しぶりのドラマです。


そして、
映画を志す若いヒトたちのために、何かしようと考えてます。

とりあえず、日本工学院専門学校クリエイターズ・カレッジの顧問は引き続き、
あと
イメージフォーラム付属映像研究所の専任講師にも今年から加わります。

あと、映画のワークショップもまたやるつもりです。

いずれ弟子でも探しましょうか。

ふたりめのヴィジュアリストを。


それから今年は手塚治虫の生誕80年。

だからいつも以上に手塚治虫仕事に携わることになるでしょう。

イベントや映画の企画もいろいろ考えています。

全部実現するとスゴイのですが。

お楽しみに。


ところでこのブログですが、

相変わらず携帯で書いています。

ブログを日記として書いているヒトも多いと思いますが、ぼくは日記のつもりは全然ありません。

そもそも日記を他人に読ませるつもりがないので。

ショート・エッセイのつもりで、今年は書きますね。


皆さんからのコメントは、いつもちゃんと読んでいます。

ただ、ポリシーというか、ぼくのネットに対する意識として、あえて返事を書かないことにしています。

申し訳ないのですが、今年もそういうことでご勘弁を。


新年の初エッセイは4日スタート(予定)です。


では今年もよろしく。

そして、皆さんのところに天使が訪れますように。

02:11